わらしべブログ

札幌わらしべ園 東区事業所 新体制のスタート2020.09.29

昨年10月から慎重に検討して決定した札幌わらしべ園通所事業の再編により、東区事業所も5月から新しいグループ体制での支援を始めました。

事業所内では日常生活に「介護」を必要としている方を中心としたグループ1(活動スペース1階)、「就労的活動」を目標としたグループ2(活動スペース2階)に分かれて日中の活動に取り組んでいます。

グループ1では、日々のレクリエーション、健康づくりや絵画・創作などの活動が中心です。グループ2ではそれらの活動に加えて「働く活動」も大切なテーマになります。利用者の皆さんを交えて、みんなで活動内容を検討し、日々、作業に取り組んでいます。
グループ2では、働く活動として清掃業務を開始する計画です。

コロナ感染の影響で外出や外部での活動が難しくなっていますが、事業所内でコロナウイルスに負けないように活動を楽しんでいます。
カラオケやダンス、川柳などを実施しました。真夏日となった暑い日には、夏本番を待ちきれず、かき氷を楽しみました。

どちらのグループも「生活リズムの確立」や「日課の設定」は大切な課題です。
スムーズに生活を送るための環境設定にも配慮しながら、利用者様の特性や希望などを考えながらより良い支援を目指していきたいと思います。